カラーコーディネーター検定試験

センスだけに頼らない美的感覚を身につける試験

カラーコーディネーター検定試験は、女性に人気の高い色に関する資格です。
同じような資格として「色彩検定」というものもあり、2つのうちいずれかを取得しているWeb関係者もかなりの割合で見られます。

カラーコーディネーター検定は文字通り身の回りにある色の組み合わせを学ぶための資格であり、宣伝広告に使用する印刷物やWebを作成するためのセンスを養うことができます。

人の目は光の波長を眼球で受け取ることで色を認識します。
このとき目にする色は人の心理に非常に大きな影響を与え、ビジネスやマーケティングの成否を大きく分けることになります。

色の組み合わせは特に商品のパッケージやロゴなどでは重要な役割を持ち、ここ最近ではMONO消しゴムで長年使用されてきた青・白・黒のストライプが日本で初めて色彩としての商標に認められるということがありました。

どのような色を組み合わせるかによって生じるイメージが異なるため、第一印象が問われるWebサイトでは特にセンスが重要になってきます。

しかし色彩のコーディネートはセンスだけに頼っていては提案できる内容に説得力がなく、時に大きなアンバランスを作り出してしまいます。

そこでセンス任せではない科学的根拠のあるカラーコーディネートができるようにするのが、このカラーコーディネーター検定の目的です。

カラーコーディネーター検定試験取得が勧められる業界

カラーコーディネーター検定試験は非常に汎用性の高い資格なので、できれば余裕のある学生時代や休暇を利用して取得をしておいてもらいたいです。

便利な資格である一方で合格率は約70%とかなり高めであるため、空き時間を利用して気楽に勉強を進めていくことができます。

就職活動をするときにも他の技術的資格と並べて記載することでインパクトが強くなり、かなり書類選考の印象がよくなります。

中でも資格を取得することで有利になる業界として、Webデザインやアパレル、インテリア業界、マンション展示をする不動産会社といったところが挙げられます。

他にも百貨店やデパートなどでの商品陳列や、店内の照明配置などあらゆる場面で資格の知識を生かしていけます。

カラーコーディネーターの資格があることで、Webデザインのセンスが底上げされるだけでなく、クリック数を上げるための工夫を配色というアプローチから行っていけます。

プライベートでも服のセンスが上がったり、住宅インテリアを居心地よいものにしたりといったことにも役立ちます。

仕事に積極的に利用をするというだけでなく、自分自身の教養を高めることができる資格と言うことができるでしょう。