DTPエキスパート

コンピュータを使用して印刷物を作成するための資格

DTPエキスパートは、「Dektop Publishing」の略称であるコンピュータ画面を使って印刷物となるデータを作成するスキルを身につける資格です。

エキスパートという名称からはまるで素晴らしく芸術性の高い広告を作成することができる人に与えられる認定のように感じますが、そういう主旨のものではありません。

DTPエキスパートで問われるのは、どういった書式や形式でデータを作成すればどのような成果物となるかという業界内の手順に熟知しているかどうかです。

コンピュータが業界に登場する前までは、印刷物は写真や写植を一枚の紙面に手作りで配置をし、そこから版をとって印刷をするという方法が取られていました。

しかし現在ではさまざまなDTP用ソフトが登場しており、以前までとは比べ物にならないほど便利な環境となりました。

その反面で規格が統一されたソフトばかりが使用されているわけではなく、保存方法やパソコンの環境設定により、作成したものがそのまま印刷物として反映されないという問題も出てきました。

そこでDTPエキスパートという資格は、データとして受け渡された印刷物がきちんと作り手の思惑通りに印刷されるよう設定を調節するための技能を備えるために実施されています。

Web業界とDTP業界の境目はかなり低くなっています

画面上で印刷物が作成できるようになったことは、Web業界においても無関係ではありません。
宣伝広告の方法としてWebと広告を同時に発行するのは全く珍しいことではありませんし、商品を撮影した写真を公式サイトや印刷物に同じく使用したりします。

そのためWebデザインをする人がDTPも一緒に担当するということも増えており、両方のスキルを備えている人材は業界でもかなり重宝されます。

なおDTPに関する資格は「DTPエキスパート」と「DTPデザイナー」の2つがあります。
「DTPデザイナー」はどちらかというと印刷物作成の現場よりの仕事で、デザインの基本やレイアウトの原則といったものを勉強することができます。

印刷業界内においては、営業や編集を担当する人が取得するのが「DTPエキスパート」、現場で実際に作業にあたる人が取得するのが「DTPデザイナー」といったように住み分けがされています。

DTPエキスパートの資格を主催しているのは公益社団法人日本印刷技術協会で、資格試験は年に2回行われます。
ただし年2回の試験のうち、2~3月期に行われる試験の会場は東名阪+福岡という主要都市のみで、8月期の試験はそこに札幌や仙台、新潟などの年が加わります。

受験資格は特になく、合格率も約65%以上と比較的取得がしやすい資格です。