Google AdWords認定資格

課金広告サービス

AdWordsというのはGoogleが広告主に提供するクリック課金広告サービスのことを言います。
AdSenseというのもありますが、それは広告掲載先に対して提供するサービスで、AsWordsは広告主が対象となります。
認定資格試験というのは、web広告掲載において最も効率のよい方法についての知識を対外的に評価するものです。

これに合格することでWeb広告に関する世界的な資格であるAdWords 認定資格が得られ、企業の収益を増やすことが可能となります。
そのため企業にとって有益な人材として優遇される可能性が高くなります。
インターネット広告に関する知識のある人材の市場価値は高く、引き手あまたとなり就職や転職に有利となることは間違いありません。
情報化社会の現代で知識があることは大きな武器となるのです。

Google Partners

試験を受けるにあたり、まずGoogle Partnersにログインします。
AdWords初心者向け試験と、検索広告の上級者向け試験かディスプレイ広告の上級者向け試験のどちらか及び両方を受検します。
つまり、最大で3つの試験を受ける事になるのです。

初心者向け試験は必ず受けなければならず、オンライン広告についての基礎知識に関する問題です。
上級者向け試験は検索キャンペーンの作成や管理などに関するもので、応用力が試されます。
ディスプレイ広告の上級者向け試験はディスプレイキャンペーンの作成など、より難易度が高いものとなっています。

試験対策

上級者向け試験は多くの場合ディスプレイよりも検索広告を選択するケースが多く、一般的にはディスプレイ広告の方が難易度が高いと思われる傾向にあります。
確実に合格するためには、得意分野で勝負する事が望ましいのは言うまでもありませんが、知識としては持っていた方が良いでしょう。
Google Partnersのサイトから学習ガイドを見る事が出来るので、自己学習が可能です。

学習ガイドはAdWords基礎、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告の6項目です。
繰り返し学習する事で知識が定着し、合格率を上げるのは勿論のこと、オンライン広告に関して自信が持てるようになります。

受講申し込み

Google AdWords 認定資格プログラム対策講座はオンラインで申し込みが可能です。
初心者向け試験は受講料7,143円で受講期間は6ヶ月です。
動画の再生時間は1時間25分程度で、何度でも閲覧可能です。

検索広告の上級者向け試験やディスプレイ広告の上級者向け試験についても金額期間ともに初心者向け試験と同じです。
いずれもPCからもスマホやタブレットからも閲覧が可能です。