Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクス「Google Analytics」というのは、アクセス解析ツールです。
現在、ご自分でブログを公開されているという方にとって、どのくらいのアクセスがあるのか、またモバイル、パソコンなどどこから検索されてはいってきているのかなどを解析する解析ツールは欠かせないものとなっています。
ブログにしてもそうですが、そのほかのメディアを運用していく中で、アクセス解析を行い改善点やよい点などを見つけることはとても重要なことです。

Analyticsというのは日本語で言うと分析論という意味があり、例えばサイト訪問者の数はもちろんこと、どのページにどのくらいの訪問数があるのかなど、アクセスに関する様々な情報を分析することができるツールをGoogleアナリティクスといいます。
Googleアカウントの取得によって基本無料で利用でき、広告バナーなど表示されないなど利点が多いため、利用している企業が多く、上場企業の多くが導入しているということも言われています。

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)とは

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)というのはGoogleアナリティクスをどの程度使いこなしているのかという習熟度を見る、さらにデジタル分析などの策定など、解析全般をどの程度理解しているのか、そのレベルを知ることができる資格であり、証明する資格です。

デジタルマーケティングのコンサルを行う方にとっては、必須の資格とも呼ばれていますし、この先こうした業務に関わる人は、保有しておくと非常に有利になる資格です。
何より、世界のIT業界をけん引する企業、「Google」が証明する資格であるとともに、世界が認める資格であること、さらに受験準備資料がGoogle社によって用意され、受験費用に関しても、Google Partnerであればかからない、さらに失効があるということがこの資格の有益性を物語っています。

この資格は18か月で失効し、再度試験を受けないとACTIVEな資格にならないのです。
なぜ執行があるのかというと、Googleアナリティクスの機能が日々進化し、常に機能追加が行われているからです。
たった1年6か月前に受けた試験であっても、新機能が追加されその機能の知識を持っていないことには、この資格を保有していると認定できないとしているのです。
企業からすれば資格を保有していても、時代遅れの知識になっているという人材より、こうした常に失効があり、再取得が必要な試験のほうが、能力を理解しやすいのです。

英語ができる人は欧米受験者用の学習ガイドを

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)の学習については、Google社が提供してくれる資料によって進めます。
日本語、英語の資料がありますが、内容が全く同じというものではなく、英語版のほうが内容も非常に充実しているため、英語スキルのある方は英語版のほうで学習するほうがいいでしょう。

Google Patnersになれば、特典として無料で試験を受けることができます。
Webプロの方々には広く利用されている機能で、Googleを最大限利用できるので、パートナーになっておくと何かと便利です。