HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2

レベルの高い実務のできる技術、知識を得るために

システム関連、またWebアプリケーションなどの開発や設計をする仕事に就きたいという方、また現在、こうした業務で頑張っているという方にとって、資格を取得するということは、それが自分のスキル証明、ステイタスとなっていくはずです。

資格を持っていなくても技術と知識が身についていればいい、と考えていると、もし万が一、将来転職を考えたとき、「取得しておくべきだった」と後悔するかもしれません。
そうならないように、とるべき資格はしっかり取っておくことです。
HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2は、システム間の連携、Webに関する「動的」Webコンテンツの開発や設計などの技術や知識を持っているということの証明になる資格です。

この資格はただ取得すればいいということではなく、こうした知識や技術は日々進化しているため、取得日から5年以内に、同レベルの試験、もしくは上位レベルの試験を受け認定されることが必要です。
一度取得すればずっと資格が生きているということではなく、常に現代の技術、知識を持っていることを、継続的な認定を受けながら証明していくことが必要となるのです。

資格を取得する意味とは

レベル1では静的な表現に関する技術、知識でしたが、レベル2では、動的に動作が必要なリッチユーザインターフェイスアプリケーションの作成ができることが証明されます。
また質の高いパフォーマンスを持つコンテンツ作成、マルチデバイスに対応できる業務アプリケーションの活用など、現代、HTML5のスキルをどのくらい持っているのか、この試験認定を受けることで、Webプロとして証明される試験です。

Webシステム開発者はもちろん、サーバサイドエンジニア、スマホアプリ開発者、HTMLコーダーなど幅広い業務が対象となる試験です。

試験の詳細情報

HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2試験は機密保持契約等の時間を含み90分で行われます。
設問数は40から45問くらいで、受験料はレベル1同様、税別15,000円です。
CBT「コンピューターベーステスト」で行われ、マウス選択方式、その中に多少キーボード入力問題も出されます。

全国各地で受験でき、日程、会場は自分で近いところを選択できます。
PBT「ペーパーテスト」も選択できますが、合格発表がCBTの場合、当日即時わかりますが、PBTの場合、郵送などによってお知らせとなるため、数週間かかります。
認定の条件はHTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1の認定保有があり、かつHTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2の試験に合格していることです。

この資格も有意性の期限があり、認定日から5年以内に同レベル認定の再取得、もしくは上位レベルの取得を行い、維持できる資格です。
そのため、認定日から5年以内に再設定を行わないと、ACTIVになりません。