マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングを理解しておくこと

マーケティング・ビジネス実務検定を受ける前に、マーケティングとはどういうことを言うのか、これをしっかり理解しておくべきです。
これから仕事をしていくうえで、マーケティングへの理解はとても大切なこととなりますので、基本的なことを理解しておくと安心です。

基本は企業に関連する市場を理解、分析すること、製品などに対してどのようなものなのかを理解し、その中から販売戦略を練ること、また最近はインターネット広告以外、モバイルを利用した広告を理解していないとよいマーケティングができないといわれていますので、インターネットを利用した販売戦略の必要性、その方法なども理解しておくことが求められます。

マーケティング・ビジネス実務検定で求められる知識

マーケティング実務に関する知識をしっかり持っているか、総合的に利用できるのかということを、試験によって判断します。
実務にとても近い試験となりますので、マーケティング実務を身に着けている人のほうが有利といわれています。

試験は国際実務マーケティング協会が行っているもので、年3回実施、マーケティング実務の理論や知識を持っているかどうか、さらに時事情報などにも知識を持っているかどうかをみる試験です。
ビジネスマンはもちろんのこと、幅広い業務に必要な知識を持っていると判断されるため、マーケティング・ビジネス実務検定の資格を持っているということは、イコール、就職や転職に有利になります。

マーケティング・ビジネス実務検定の詳細

A級、準A級、B級、C級というレベルに分類されています。
C級はルーティンをこなすために必要な知識を持っているかどうかの試験です。
B級は実際にマーケティング業務を運営できる能力があるかどうかを試験します。

準A級は、マーケティングを行う上で管理できる、判断できる力があるかどうかを確認する試験です。
A級になるとマーケティングの戦略を立案する、また意思決定ができる状態かどうかを確認します。
マーケティングについてそれほど実績がないという方は、C級からスタートしていくと、準を追ってマーケティングの能力を高めていくことが可能です。

合格率については非公開となっていますが、一般的にC級は60%くらいといわれています。
A級に関してはかなり専門的な知識なども必要になりますし、ある程度の実務経験がないとなかなか合格は難しいのではないかと予測されます。
しかし基礎的なことを学ぶC級などは比較的とりやすい資格とされていますので、ある程度勉強していけば、合格する可能性が高い資格です。

基礎からしっかり学ぶことで実際のビジネスに役立つ知識、技術となっていきますので、取得しておくと転職などでも有利です。