マイクロソフトオフィススペシャリスト

雇用する側の分かりやすい目安

耳慣れないと思われるかもしれませんが、MOSと言えばピンとくるのではないでしょうか。
いわゆるExcelやWord、PowerPoint、Access、OutlookなどのMS-Office系ソフトのスキルを証明する資格の事で、パソコンスキルを計る尺度となり得る資格です。
普段Office系ソフトを使って仕事をしている方はご存じの通り、ソフトは頻繁にバージョンアップし、メニュー画面のデザインが大きく変わるたびに戸惑います。

常に最新バージョンに対応できる様、使う側も慣れていかなければなりません。
つまり、マイクロソフトオフィススペシャリストというのは資格取得の対象者は特別なターゲットがあるわけではなく、PCを使用する全ての社会人、学生が対象となります。
また、中途採用や派遣採用、アルバイトの採用などの際にパソコンスキルを証明する方法の一つで、雇用する側にとってはわかりやすい資格となります。

資格と実務経験

しかしながら、資格取得のための試験に使われるデータは、最初から加工しやすく整っていますが、実際の仕事の現場では整ったデータというのは存在しません。
データ加工するためにはデータクリーニングが必要なのです。
その過程で様々な落とし穴が存在しますが、資格試験に受かっただけではその落とし穴の存在には気づけません。
実務経験で様々な不具合に遭遇したものでなければ、不具合を回避する事はできないのです。

資格を取得し更に実務経験を積むことで無敵のOA事務が可能となります。
逆に、長年MS-Office系ソフトを使って仕事をしていたにも関わらず、知らない機能があるケースは多いのです。
一つの企業、一つの部署で必要とされる機能は限られているため、転職したり異動になって初めて新たな機能を知ることもあります。

実績だけでも資格だけでも不十分で、両方揃って初めてスキルとして認められるのがOA事務と言えるのです。
資格で今現在最も有効なのがマイクロソフトオフィススペシャリストであり、世界的な資格です。

試験内容と受験方法

バージョンが変わるごとに試験内容も変更されます。
試験科目はアプリケーションごとに別れているため、個別に受ける事が可能です。
更に、資格試験を受けるための条件は設けていませんので、全てのレベルを誰でも受ける事が可能となっています。

試験は毎月1回から2回行われ、郵送とオンラインで申込みが可能で、受験料は銀行か郵便振り込み、もしくは書店・大学生協での支払い、クレジットカード決済が選べます。
受験票が届いたら、記載内容を確認し、必要な持ち物と試験会場、時間を把握します。
試験当日は受験票を持ち、遅刻をしないよう会場に行かなければなりません。

遅刻や欠席による受験料の返金や日時の変更はできませんので注意が必要です。
合格した場合は、後日認定証が送付されます。
送付期間は受験からだいたい4週間から6週間となっています。