WEBディレクターとは

ディレクション業務を行う

一般的に言われるディレクターとは、ディレクション業務を行う者ということになります。
このディレクションとは、webサイトの中身を企画する、サイト内のデザインやワイアーフレームの作成、
ページのコンテンツ内容の企画、ページに掲載する文章をライティング、またはライティングをライターに依頼、
SEO対策といったような、デザインをするよりも前の作業をディレクションと呼んでおり、
これらの作業を行う人がディレクターと呼ばれることが多いようです。

ただ、厳密には企業によってWebディレクターの役割は異なることが多いです。
ECサイトを運営しているディレクターの方だと、ディレクション業務以外にもバーなやページなどのデザインを
していることもあるかもしれませんし、サイトの売上管理も行っているという場合もあるかもしれません。
一言にWebディレクターと言っても、定義がしにくいのがこの職業なのです。

Webディレクターという職業について以下のサイトで詳しく解説しています。
参考:WEBディレクターのしごと「なりたい.com」

どの立場においても共通していること

どの会社においてもそれぞれ役割があり、それを達成するためにディレクターは仕事を行うことになります。
それぞれのサイト制作の目的は、場所によって異なるため、ディレクターはそれに合わせて異なった動きを
することになります。ディレクターはその時々に応じて柔軟に対応をしていかなくてはなりません。

ECサイトの場合、ディレクターがマーケティングのようなことをすることもあるかもしれませんし、
製作会社のディレクターの場合、それ自体が会社の商品となるため、サイト自体の目的を遂行するというよりは
どのようにして制作効率を上げるのかなどが業務に入る可能性があるなど、それぞれの会社における
Webディレクターの役割は異なるのです。

ただ、どのような立場に置かれているWebディレクターの方であっても、基本的に共通しているのは、
担当する際と、所属会社に合わせてゴールまで到達できるような手段を知識やスキルを活用することにより
設計する、考えるといったことが共通している点であると言えるでしょう。

要は、Web制作の知識やスキルを活用し、サイト構築における方向性や仕様に基本デザインに加え、
SEO対策の方針を考えるといったものになります。こうしたことに気をつけておけば、仕事も円滑に
進むでしょうし、周りから受ける自身の評価も上がることにもなりますし、より大きな仕事を
任されるようになることにもつながっていくことでしょう。