ネットマーケティング検定

集客効果をあげる

Webアナリストと重複する部分もありますが、サーティファイ主催の検定として持っている事が説得力になることから、検定試験を受けるケースがあります。
インターネットによる集客効果を上げるために必要なSEOの知識や、ネットに関する基本的知識について認定するものです。
検定試験はWeb上でお試し体験版でチャレンジする事が出来ますが、出題に対して4択となっています。

受検者のコメントより、繰り返し問題わ解くことで正解率が高くなり、知識を深める事が出来たという意見や、ネットマーケティングの現状把握に繋がったといる意見が散見されました。
対外的なものだけでなく、システムの構築や知的財産についてなど、普段知りえない情報に触れる事が出来たという意見も見られ、e-leaningの形式で手軽に新しい情報を身につけることが出来るのが特徴です。

受講対象者

Web関係の検定試験の多くは開発者が受けるものですが、ネットマーケティング検定は社会人全般が対象です。
特に営業や営業企画、推進などマーケティングに携わる社員にとっては必須の知識であり、結果的には経営戦略の充実に繋がります。
受検は個人、団体どちらも可能で、必要に応じて選択する事が出来ます。

今やインターネットは営業に欠かせない重要なツールであり、どの企業もマーケティング戦略に利用しています。
社員の意識を変える意味でも団体で受ける事が望ましい検定です。
知らなければ浮かばないアイディアも、知識を売ることで新たな創造へと繋がるからです。

認定対象

主な対象者は企業のweb担当者で、社内の部門ごとに情報を収集しまとめ、web製作業者に伝える能力や、Webサイトに関する知識やテクニック、マーケティングに関する知識、企画力を検定します。
試験問題は40問で4択、時間は80分と忙しいビジネスマンにとって許容できるコンパクトな検定試験となっています。
受験料は5,800円と手軽なことも受講者増加の引き金となっています。

現在、特別なセミナーや講座は開催されておりませんが、テキストや検定の問題集を購入する事は可能です。
自己学習となりますが、それでも十分な成果が得られるのも特徴です。
身近なものだけにイメージが湧きやすく、合格率も70%と高い資格です。

受検のための資格や実績は必要なく、誰でも気軽に受検できるため、受検者の数は急傾斜の右肩上がりとなっています。
これからの時代、関係部門の社員のみならず、全ての社員が常識として身に着ける知識となって行くため、今後も増え続ける可能性が高いのです。
申込みはオンラインで簡単にできるため、まずはサンプル問題でチャレンジしてみるのも良いでしょう。