Google Chromeのアドオン紹介

Google Chromeのアドオン紹介

仕事中にはどのようなブラウザを利用するでしょうか。
現在はFirefoxを使う人が多いのですが、もちろんGoogle Chromeを使う人もたくさんいます。
では、その際に使うと便利なアドオンを紹介します。

Pendule

デザイナー向けのWeb開発ツールの統合アドオンで、Webディレクターが日常業務で使えるような、Webページで利用されてる色を調べる、定規でサイズを調べる、画面サイズを変えてレイアウトが崩れないかを調べる、HTML、CSSのバリテーションやリンク切れをチェックする機能が付いています。
個別での機能を持つアドオンもありますが、これならば単体ですべての作業が行なえてしまいます。

Firebug Lite for Google Chrome

このアドオンを使うことにより、HTML/JavaScript/CSSなどの編集がブラウザ上でリアルタイムに行えるようになります。
また、要素の検証を行う場合でもこちらのアドオンを使った方が便利です。

Image Properties Context Menu

このアドオンでは、Chromeの右クリックのメニューから、選んだ画像の詳細が分かるようになっています。
調べたい画像を右クリックして調べることにより、画像のサイズや容量、URLが分かるようになります。
特定の画像をピンポイントで見たい場合に重宝します。

Screen Capture (by Google)

その名の通り、Google製のスクリーンキャプチャのアドオンです。
スクリーンショットが録れるだけではなく、キャプチャのサイズ指定に加え、図形の挿入はもちろん、矢印や注釈についての仕上げまで、このアドオンを使うことで完結可能となっています。

SwitchProxy!

こちらはプロキシを自動的に切り替えることができるアドオンです。
最も大きな特徴としては、ホワイトリスト形式で事前にURLを登録しておけば、そのURLに切り替えをしたとき自動的にプロキシが切り替わります。
ワイルドカードを使うことができるため、リストの肥大化も抑えられますし、自宅や会社のように名前も分かりやすくすることができます。

ソーシャルブックマーク拡張

ツイートカウンター for Twitter、Facebook Social Plugin、はてなブックマーク GoogleChrome 拡張などの各種ソーシャルブックマークを管理できるアドオンです。
それぞれ自分の利用しているソーシャルブックマークなどのサービスに対し、アクセスすることなく状況を確認することができるため、非常に便利です。

Create Link

WebページのタイトルやHTMLタグの取り込み、クリップボードへのURL取り込みなどが行なえます。
カスタマイズも簡単に行えますし、ペーストする先のフォーマットも先に決めておけば後から修正する必要もありませねん。
キャプチャの後にタイトルと元のURLを補足する目的でも使用可能です。