競合分析に使えるツール

競合分析で使えるツールとは

マーケティングに必要なことは基本データをしっかりと押さえることです。
マーケティングデータの収集や分析においては入手できる情報が限られ手薄になりがちな
競合サイトの調査と分析方法を紹介します。

PVやUUなどを調べるときは、ネットレイティングス、ComScore、Alexaなどのツールがありますが、
ここでは無料で使えるdoubleclick ad planner by Googleというツールを紹介します。

簡単に使える

このツールのページを開き、調べたいURLを入力するだけです。
表示されるデータの表示はプルダウンの中から日本を選択しましょう。
表示されているデータの中で押さえておきたいものがいくつかあります。

トラフィックデータ、ユニークユーザー数の推移は、市場や他社と比較して成長度合いを
見ることによって、今後競合相手として脅威になり得るかを予測することができます。
他の利用サイトというデータについて、ここに表示されるサイトは利用者の重複が考えられるわけで、
ユーザを奪い合う関係にあるということですから競合サイトになる可能性が高くなるということです。

TOSPY

このツールはリツイートの数から市場に対する影響力を測定するツールです。
使い方としては、調査したいサイトのURLをsite:の後に付けて検索するのみです。

表示されているサイトの左サイドでTweetsを選択するだけで様々な期間のリツイート数を
表示してくれるのです。調査時点のみならず、過去のリツイート数も大体わかるため、
トレンド予測の参考にもなります。

RSSリーダー

使用するサービスからのあらゆるお知らせのほとんどはRSSによる配信が行われています。
これをRSSリーダーを使って購読、動向を継続的にチェックすることもまた重要なことです。
競合のベンチマークについても、調べるのは一時的ということはせず、継続的に調べることが大切です。

競合分析する上での大事なポイント

ポイントは、コアターゲットは誰か、他には無いような点・優れている点はどこか、
製品やサービスの使い勝手は良いか、サポートは充実しているかという点をチェックしましょう。
こうした点に対するユーザーの反応も同時にチェックできるといいかと思います。

また、敵を知るだけではなく自分を知ることも大切ですから、
分析と同時に自社サービスの見直しにも活用することができるでしょう。